前橋ポエフェス日記2

昨日の続きを書く。

後半も濃ゆい方のオンパレードで目が離せないし、誰について書こうかなって今でも迷う。

トップバッターは、前半の司会を担当していたうえきまいちゃんから。うえきちゃんは短歌をメインに創作していて、群馬県に関わりのある学生団体『銀竹』とこのポエフェスを主催する新井さん率いる『芽部』のメンバー。

最近は俳句にも挑戦してるらしく、最近書いたものとそれにまつわるエピソードについてお話して緩やかにスタート。藍多つむぎさんにバトンタッチされ、段々と場の雰囲気が高揚していくのを肌で感じる。みんな食い入るように出演者に視線を注いでいる。

 

私の出番は後半だけど、その前にパフォーマンス上手な方が揃いまくって存在が薄くならないかビビる。

直前まで練習してた作品を眺めてたけど、出番が近づくにつれて気分じゃなくなって、じゃあ今読みたい気分のやつあるかなってフォルダ漁ったら1つ見つけたのでそれを読む事にした。練習どころか朗読することを意識して書いてないやつだったけど、「数分後の自分が何とかする」と責任を押し付けて舞台に上がる。噛みまくった場合の保険として短い詩も読むことにした。

結果としては噛まずに済んだ。詩集の宣伝もできた。

去年よりリラックスできたけど、宣伝で色々と端折ってしまったから張り詰めてたんだな。

 

私の次にパフォーマンスをした、つちやさつき君もまた違う風を吹かせた。彼自身が風のように会場を渡り、世界の現状を凄惨を残酷を靡かせる。

だけど場の空気は重くならず、締めはさっと。最高にクールだった。

沖縄から来てくださった南風ニーナさんも海無し県に沖縄の風をふわりスカートを舞い上げるように吹かせて爽やかだった。

 

初対面、初参加の人メインに感想を書いたけど、常連さんや友人のパフォーマンスも年を追うごとにレベルが上っていて目が離せなかった。

来年はどんな感じなんだろう。私も、どんな格好でどんな詩を読むのか。

終わった瞬間から来年のことを考え始めていた。

 

前橋ポエフェス日記1

深夜、トイレに起きたら変に覚醒して眠れなくなった。恋人はぐうすか寝てる(布団も取られた)ので、昨日のポエフェスの感想を書くことにする。

 

もう昨日なのが勿体ないくらい素晴らしく、尊い言葉に溢れたイベントだった。

去年は魔女の姿で参戦した。今年は中華街で勢いで買ったチャイナ服と厚底(マーチン)で参戦。

私達が会場の前橋文学館についたのが、ほぼ開演時刻の13時。

ギリギリかと思ったら電車組も遅延の関係で平均1時間遅刻だった。

 

そういう事で繰り上がりされまくって、北爪さんの朗読からスタート。詩集bridgeから読まれる。続いて宮尾節子さん、ヤリタミサコさん……と続いた。

そして今回のスペシャルゲスト、ボブ.ホールマンさんと村田活彦さんのリーディング。レジェンドの凄さを肌で感じる。音が、言葉が、表情と動作が完璧だった。ここ、即興だろうなって思いながら聞いたりして(違うかもしれないけど)

 

親友の笠原メイの朗読も感動した、愛がストレートに書かれた詩で、彼が読むと気障な言い回しもスッと素直に飲み込める。私も彼の言葉に惚れている。

前半は電車組の関係で順序が少しシャッフルされたけど、それもまたイベントだよなあと思ったり。

前日から参戦してくださった方もいて嬉しい。

 

15分休憩では、いろんな人に挨拶しに行った。

去年までポエトリーライブを定期開催してたけど、それを行っていたクールフールというライヴハウスが閉店してからイベントの回数も減り、俺もタイミングが合わずなかなか参加できずで、久しぶりな人がほとんど。でも覚えてくれて嬉しかった。

 

後半はまた今日の夜にでも書く

横ときどき縦

免許更新後は爆速で帰宅。玄関についたら置き配の段ボールが待っていたから思わず「ただいま」と言う。俺たち初対面だよなあ?

直後、布団に倒れ込む。

内容を忘れた悪夢を見た。血は流れてないけど、いろんな年代の嫌なところを濃縮したような後味が悪いものだった。起き抜けは呼吸がうまくできなかったし、気分も悪い。昼時だけど食欲が湧くこともなく、そのまま布団に潜る。少し落ち着いたらタバコを吸い、コーヒーを飲んだ。YouTubeハム太郎のゲームのRTA(リアルタイムアタック)を流しながら絵を描いて、詩を書いてた

お買い物検定剥奪

昨日は恋人の家に帰った。

定時前に、雨が降るかもとラインが入ったので傘を手に退社。

たしかに曇ってる。うっすら湿っぽい匂いがするから降るのは夜中かな。

夜ご飯はエビマヨと唐揚げと蒸し野菜。バランスバッチリ、美味しい。

週末は私が作るけど何にしようかな。

 

今日は免許更新。

朝早く免許センターに行ったら受付票3番だった。

待ってる間少しうねってる髪をまとめる。左側がはねてたから、半分オールバックのハーフアップにしたらアヴァンギャルドな見た目になった。

 

視力検査して、グループ分けされて、写真撮って講習を受ける。終了後、新しい免許をもらう。

…………何ともいえない顔!

なにミーム

20世紀少年がネットミームの素材になってて時代が変わったんだな。と思った。俺の中では永遠に現役だけど世間は「懐かしいもの」らしい。

次の世代はミームで世代を表したりするんだろうね。フラッシュアニメとかゆっくりとか、炎上とか

 

……………ね、ケンヂくん

詩集をつくった

詩集を作った。

前の記事で書いたZINPHONYに参加するために。詩集を作るきっかけが欲しかったから、このイベントを開催してくださったレベルブックス様に感謝しなきゃ。

1冊1000円。

ZINPHONY後にはboothで販売予定。ほかは、ポエフェスに数冊持っていく。

 


f:id:Hairi_gifT:20240515125002j:image